幸せ師ユーイチです☆
 ついにカンボジアに井戸が完成したのでお知らせいたします!

 「幸せ師ユーイチ&幸せになった皆様」井戸です☆カンボジア井戸

カンボジア井戸

とっても素敵な笑顔です☆
本当に、元気もらいました!!

皆様の鑑定料の一部が、世界を笑顔にする活動に使われております!
この井戸は、皆様の井戸でもあります☆

ぜひ、この喜びを共有してください☆

以下は、この井戸についての詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
井戸を掘った場所は、カンボジアの首都プノンペンから車で約3時間30分の所にある、
プレイヴェン州のクランヴェーン村です。

村の人たちは井戸が出来る前は、一番近くの井戸まで、
毎日バケツを持って往復して水を運んだり、不衛生な池の水を使ったりしていました。
井戸完成後は、いつでも水浴びが出来たり、きれいな水で料理や洗濯もできるようになりました。
この井戸は、複数の家族で仲良く使われています。

また同時に行った井戸水のヒ素検査で、ヒ素濃度10ppb未満と
カンボジアの飲料水としての基準〔50ppb未満〕内で、安全だと確認されました。

御支援でたくさんの村の人たちやこどもたちに笑顔と安心を届けることができました。

本当にありがとうございました。

今後とも、応援よろしくお願いします。
どうかお体に気を付けて、無事故で健やかにお過ごし下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

幸せ師ユーイチは、これからも世界に笑顔を広げていきます☆
皆様のご協力、ご声援お待ちしております☆


 幸せ師ユーイチです☆

 占いの売り上げの一部は「世界を幸せにする活動」として寄付を行っております。
 今回は「世界も大切だが、地元長崎も大切!」ということで、地元長崎の児童養護施設マリア園に11万1111円の寄付を行いました☆(金額には「ひとりひとりが大切な人」と言う意味がこめられています)

マリア園寄付
※11月27日長崎新聞朝刊より
 
 マリア園は、実は私が中学生のころにボランティアで勉強を教えたこともある思い出深い場所なのです。
 寄付者名は「幸せ師ユーイチ&幸せになった皆様」です☆
 
 私は、自分が行っている寄付を私個人がしているものとは思っておりません。
 寄付金は、皆様からお預かりしたお金と考えております。
 ですから、寄付者名が「幸せ師ユーイチ&幸せになった皆様」なのです。
 皆様から頂いたお金が、こうして世界に笑顔を広げています。
 そのことに、少しでも気持ちが暖かくなっていただければ最高の喜びです。

 幸せとは、波紋のようなものだと思うのです。
 まず、自分自身が幸せにならなければいけません。
 そして、自分の幸せが、周りに広がっていくのです。
 自己犠牲の上で、まわりを幸せにすることは難しいのです。
 ボランティアといえば、マザー・テレサを思い浮かべますが、マザーはボランティアを「自己犠牲」とは思っていないんです。
 むしろ「私がさせていただいてるのよ」って嬉しそうに答えているんです。
 マザーが運営した死者の家で、一番幸せだったのは、マザーに看取られた方たちではなく、マザー自身ではなかったかと私は思うのです。
 マザーが誰より幸せだったからこそ、周りを幸せにできたのです。

 ボランティアは自己犠牲ではありません。
 至上の喜びです。

 私はいつも、こんな話をします。
 「あなたの目の前に、極上のケーキがあります。、限定商品で、2時間ぐらい並んでやっと買ってきたケーキです。
 そのとき、あなたの愛する人がやってきました(家族でも恋人でもいいです)。
 『お、おいしそう』
 さて、このとき、あなたは独り占めして全部食べてしまいますか?
 でも、独り占めするより、半分こして、お互いに「これ、おいしいね」って喜びを共感することで喜びが増しませんか?
 ケーキは半分になってしまうけれど、精神的な喜びは倍以上のはずです」
 そう、人は誰かを喜ばせることに幸せを感じる生き物なのです。
 それは、時として自分自身を喜ばせる以上の喜びをもたらします。
 だから、誰かを幸せにする活動っていうのは、人間にとって至上の喜びなのです。

 今回の寄付で「私、いいことしたな」って少しでも心が暖かくなったら、その喜びを身近な人に少しおすそ分けしてあげてください。
 お金じゃなくても、あなたの素敵な笑顔でもいいんです。
 そうして、幸せが波紋のように広がり、世界が幸せに満ちていくのだと、私は信じております。

  幸せ師ユーイチです☆

 くんちの練習も大詰め、週5日で練習に励んでいます☆
 私は東浜町の「竜宮船」の根曳として参加させていただきます。
 左舷(竜宮船の左側)の一番後ろを引っ張って降りますので、見かけたときには声援お願いいたします(笑)
 
 竜宮船のブログはここをクリック⇒「俺たちの竜宮船」

 さて、今月はたった2日しか個別鑑定の日程が取れなくて、申し訳ありません。
 じつは、9月10月と、ハローワーク関連の労働訓練の講師をさせていただくことになりました。
 これは、私のもうひとつの顔である「販売協会公認講師」としての仕事です。
 とくに、今回の労働訓練はシングルマザー限定ということで、私としても少しでもお力になれればと思い、引き受けさせていただきました。

 女性は強いです。
 女性が、社会を変えていきます。
 女性が変わることで、社会が輝きます。

 社会を輝かせるため、私も全力で講義をさせていただきたいと思っております☆

 いままで「売り上げの10%」をボランティア活動に寄付してきました。

 この度、セミナー、個別鑑定、WEBなどの事業拡大に伴い、経費が大幅に増えたため、6月の売り上げより「利益の10%」をボランティア活動に寄付することになりました。

 それでも、以前より大幅に寄付金額は増えております☆

 今後も、世界を幸せにする活動に邁進してまいります♪

  幸せ師ユーイチです☆

 ご存知のように、幸せ師の売り上げの10%は世界を幸せにする活動に使われています。
 その一部は、バングラデシュに住む「スフィア アクテルちゃん(7歳)」の養育費として毎月送金されています。(私の鑑定テーブルの横に写真を貼っております。興味ある方は、ご覧下さい。とても元気でかわいい女の子です)
 そのスフィアに、手紙を送ったところ、素敵な返事が返ってきました。

 この喜びを、みなさまと共有したいと思い、ブログにアップいたします。

 まず、私が送った、スフィアへの手紙の内容を公開いたします☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 スフィア、はじめまして。

 私は、ユーイチといいます。
  
 私は、昼間は婦人服のお店を経営しています。
 金曜日と土曜日の夜、お店が終わったあと、「手相占い」をしています。
 私の占いは、人を幸せにする占いで、その人に希望が持てるような良いことを占います。
 だから、私は自分のことを「占い師」ではなく「幸せ師」と名乗っています。
 関わる人を幸せにする人になりたいから、幸せ師です。

 そして、その占いの売り上げの10%を、世界の人が幸せになる活動に使っています。
 今年は、カンボジアに井戸を掘る予定です。
 そして、スフィアへの毎月の支援も、この売り上げから行っています。
 
 日本のお客様はみんな「この売り上げの一部は、スフィアを幸せにすることに使います」と言うと、とても喜んでくれます。
 どうしてみんな、スフィアを幸せにすることを喜んでくれると思いますか?
 
 それは、人間は誰かを笑顔にすることに幸せを感じる生き物だからです。 

 スフィアは、どんな時幸せを感じますか?

 私は、まわりの人が笑顔になってくれると、最高に幸せです。
 
 スフィアの夢は「先生」でしたね。
 とっても素敵な夢ですね。
 「先生」は、多くの子どもたちを幸せにする、とってもとっても素敵な仕事です。
 ぜひ、その夢を応援させてください。
 

 スフィア、生まれてきてくれてありがとう。
 私と出会ってくれてありがとう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 そして、スフィアからの返事です☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Dear Yuichi

 こんにちは!
 お元気ですか。神様のご加護であなたがお元気でいらっしゃることをお祈りしています。わたしは元気です。

 あなたからの温かいお手紙をいただきました。本当に心から感謝しています。とってもうれしかったです。

 私は今は、お父さん、お母さんと二人の兄弟と同居しています。私は、家族にかまってもらうのもうれしいけど、一方で、弟をかわいがるのも好きです。

 私の村はとても美しく、家のそばに小川があります。
 Padma大河にほどなくつながっています。雨季にはときどき泳いだりしますよ。
 
 どうかわたしが将来、夢をかなえることができるように祈っていてくださいね。

 それではまた。お体にきをつけて。

 Sufia Akter

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 素敵な手紙に感動&感謝です。

 皆様の500円の一部は、このような活動に使われています。
 そのことで、皆様の心がすこしでも温かくなったなら、私は超ハッピーです☆
 

 幸せ師ユーイチです。

 今日は、現段階での「世界の人々を幸せにする活動(慈善活動)」の報告をしたいと思います。

 皆様ご存知の通り、手相占いの売り上げの10%は「世界の人々を幸せにする活動」に使われます。

 当初、「カンボジアに井戸を掘る」ことを考えておりました。
 そして、ついに、カンボジアに井戸を掘る資金が貯まりました!
 ので、応募しようとしたら・・・。
 
 「カンボジア井戸掘りの2009年度の募集は終了しました」
 
 詳しくは↓をクリック
 「カンボジア井戸掘り」

 ひょっとしたら、他の団体ならまだ受付をしているのかもしれません。
 しかし、私がカンボジアに井戸を掘ろうと思ったきっかけは、てんつくマンのトークライブでした。
 だから、カンボジアに井戸を掘るなら、てんつくマンの事務所で、と決めていたので「2010年度の井戸掘り」の時に応募して、お金を送金したいと思います。
 今しばらく、お待ちください。

 さて、だからといって、何もしないのもハッピーじゃないので、「善は急げ」で、早速次の行動を起こしました。
 カンボジアの「子どもサポーター」を行います。
 世界的な活動を行う「グッドネーバーズ」に申し込み、今資料が届くのを待っている最中です。

 詳しくは↓をクリック
 「子どもサポーター」

 まずは月2500円の援助から(笑)
 「いいな」と思ったら、4000円の援助に切り替えたいと思います。
 「子どもサポーター」になると、毎月子どもと手紙のやり取りが出来るようなので、その手紙の文面をこのブログにアップしていきたいと思います。

 みんなで、少しずつ世界が幸せになっていく過程をワクワクして楽しみましょう!