《個別鑑定の申し込みはコチラ》

 

 

西洋占星術講座、この前第一期生の講座がすべて終了したのですが、大好評でした。

 

とくに、今回の講座の発起人だったAさんは「やっと占星術を習得できました!」と大満足だったようです。

 

私自身、勉強して思ったのですが「占星術はスッゲー難しい。でも、すごい楽しい!」です。

 

Aさんは、占星術のスクールにも通ったし、通信講座も受けました。

 

それでも、占星術が理解できませんでした。

 

占星術は、難しいがゆえに、誰から学ぶかはすごく大事だと思いました。

 

さらにAさんから、ひとつリクエストされていたのが

「私、本をみながら鑑定するのは嫌なんです。本見なくても鑑定できるようにしてください」

というものでした。

 

うん、無茶を言う!(笑)

 

そもそも、占星術って憶えることが多くって、プロでさえ資料をみながら鑑定するものなんです。

 

でも、私はその要望に応えるため『たった12個のキーワードを憶えるだけで、本なしでホロスコープが読めるようになるイメージ星読み法』を編み出しました。

 

この方法を使うと、本を見なくてもスラスラと鑑定することができます。(実際、私はホロスコープ鑑定するときに、本などの資料は一切見ません)

 

占星術勉強された方ならわかってもらえると思いますが、これってすごいことなんです。

 

本読まずに、難解なホロスコープが読めるなんて、かっこいいと思いませんか?


生まれた時の出生時間のホロスコープから、その人の性格、恋愛傾向、向いている職業、人生の目的、人生の流れ、相手との相性など詳しい分析ができるようになります。


で・・・その占星術なのですが、内容がかなり深くて6時間×3日間=18時間の講座になります。

 

そうなると、どうしても受講料が高くなってしまい、いまのところおひとり様10万円。

2名様以上受講(ペア割)で8万円です。

 

でも、なかなか一緒に受ける人を見つけるのは大変ですねよ(^_^;)

 

そこで、11月19日(火)に受講したいという方がいるので、この日に一緒に受講されれば、ペア割の8万円で受講できます。

 

全3回ですが、1回目の講座の時に2回目以降の日程を決めるので、1回目の11月19日(火)にさえ参加できれば大丈夫です。

 

 

 

【(たぶん)世界一簡単な西洋占星術講座】

 

日程:11月19日(火)

全3回ですが、2回目以降の日程は1回目の講座の時に決めるので、この日に参加できればOKです。
場所:幸せ師サロン
料金:通常10万円⇒今回はペア割8万円
定員:6名(残席2名)
申し込み方法:メール siawasesi@ybb.ne.jp
電話 095−822−2502

以上、質問疑問等ありましたら、遠慮なくどうぞ✩

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたの未来を好転させる個別鑑定☆

 

 

【個別鑑定料金】
80分  15000円
50分  9500円
20分  3900円
延長10分 1900円

【ご予約・お問い合わせ】
095-822-2502
siawasesi@ybb.ne.jp

 

今月の個別鑑定の日程はコチラhttp://siawasesi.jugem.jp/?cid=11

 

このブログの過去のオススメ記事を読みたい方はコチラ⇒http://siawasesi.jugem.jp/?cid=15

無料メルマガ「幸せの処方箋」⇒https://55auto.biz/siawasesi/registp.php?pid=3

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

【恋愛動画無料公開】

 

ブログをご覧のみなさまには、感謝を込めて恋愛講座の動画を6本無料で公開致します☆

登録なしですぐ観れます☆

↓↓
http://siawasesi.net/page-168/


無料動画だけでも6本で20分ちかくあります。

これだけでも十分参考になりますが、完成版を観たい方はこちらをどうぞ☆

完成版は2時間10分の大ボリュームです☆
↓↓
https://manatuku.com/trainers/65/packages/233


完全版は有料ですが(それでもかなりお得な値段です)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ウラッテさんが、素敵な記事を掲載して下さりました^^

 

(1)占いマガジン ウラッテ
https://uratte.jp/

 

(2)長崎県で本当に当たる!おすすめの占い師・霊能者5選

 https://uratte.jp/posts/nagasakiken-uranaisi-osusume-ataru

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL