《個別鑑定の申し込みはコチラ》

 

 

今日の昼間、その前代未聞の事件は起こった。

 

おじさんが私のサロンに入ってきて「トイレをかして」と言う。

 

この仕事をしていると、人を見る目はずば抜けてつく。

 

もう、オイラのセンサーがビンビンに「この人を入れてはいけない」と言っている。

 

「あのー、防犯上の理由からお客様以外にお手洗いはおかししていないんです」ともっともらしい理由で断る。

 

「いや、鑑定します」とおじさんは言う。

 

いや、絶対うそだ。

 

人を見る仕事だからね、わかってしまう。

 

でも、おじさん本当に漏れそう。

 

困ったときはお互い様だ。

 

仕方ない。

 

「どうぞ」とトイレに招き入れる。

 

案の定、おじさんはトイレをすると「また今度鑑定受けます」と言って、そそくさと出て行った。

 

そして、私はある確信を持ってトイレに入った。

 

「やっぱり・・・」

 

はい、見事にトイレの便座にう○こが付いております.

 

知ってたよ。

 

ああ、知ってたとも。

 

こうなることまで見通してたよ、オイラのセンサーは。

 

流石だね。

 

すげーよ。

 

TV中継入ってたら、ノストラダムスもびっくりの100%当たる予言だよ。

 

私は自分で「当たる」なんていう占い師は、どうかと思ってるけど、ここでは断言しちゃうね。

 

「オイラのセンサーは当たるよ」

 

ここまでちゃんと予知していたのに、なんであのおじさんを招き入れたか。

 

うん、結局おいらは人が良いんだよ。

 

なんだかんだいって、最後は困った人をほっとけないんだ。

 

んでね、う○このついた便座をキレイに磨きながら思ったよ。

 

「あぁ、こうなることは分かっていたのに、なんで私がこんな理不尽な仕打ちを受けなきゃいけないんだろう」ってね。

 

そしたら、天使が囁いたんだ。

 

「これは、運がつく兆候だよ」と。

 

なるほど、これから私には雪崩のごとく運が降りそそいでくるね。

 

間違いない。

 

そうおもうと、あのおじさんも天使の使いだな。

 

感謝。

 

どうか、あのおじ様に、雪崩のごとく、うん○が降り注ぎますように✩(-人-)

 

ますます運がついた私の鑑定、ぜひ受けてみてください(笑)

 

 

 

《個別鑑定の申し込みはコチラ》

 

 

 【4月開催の講座】

 

 

【4/18(木)】4月勉強会「テーマ:コミュニケーション」(←コチラをクリック)

良好なコミュニケーションを学べば、幸福度が年収100万円アップ以上あがります✩

 

 

【4/21(日)】エネルギーマスターグループワーク「自己肯定感編」(←コチラをクリック)

自己啓発に1億5000万円投資した男がたどり着いた、最強の催眠セラピー。

 

【4/28(日)】心理セラピスト養成講座「カウンセリングの手法」(←コチラをクリック

役に立たない心理学でなく、実践でつかえるカウンセリングを学ぶ。

 

【4/29(月)】プロになるための手相講座(←コチラをクリック)

プロになるための手相の知識を、惜しみなくすべて教えます。(特別割引価格)

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたの未来を好転させる個別鑑定☆

 

 

【個別鑑定料金】
80分  15000円
50分  9500円
20分  3900円
延長10分 1900円

【ご予約・お問い合わせ】
095-822-2502
siawasesi@ybb.ne.jp

 

今月の個別鑑定の日程はコチラhttp://siawasesi.jugem.jp/?eid=53

 

このブログの過去のオススメ記事を読みたい方はコチラ⇒http://siawasesi.jugem.jp/?cid=15

無料メルマガ「幸せの処方箋」⇒https://55auto.biz/siawasesi/registp.php?pid=3

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

【恋愛動画無料公開】

 

ブログをご覧のみなさまには、感謝を込めて恋愛講座の動画を6本無料で公開致します☆

登録なしですぐ観れます☆

↓↓
http://siawasesi.net/page-168/


無料動画だけでも6本で20分ちかくあります。

これだけでも十分参考になりますが、完成版を観たい方はこちらをどうぞ☆

完成版は2時間10分の大ボリュームです☆
↓↓
https://manatuku.com/trainers/65/packages/233


完全版は有料ですが(それでもかなりお得な値段です)

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL