【行列ができる占い師が教える タロット講座上級編「小アルカナとタロット解釈を極める」】

☆5万円をペア割特別価格で4万円☆
去に幸せ師ユーイチのタロット講座(大アルカナ編)を受けた方は3万円!!



「タロットの本を読んだけれど、本を読んでも解釈が多すぎて憶えきれない><」

「タロットをしても、どう解釈して伝えていいか分からない」

「大アルカナは憶えたけれど、小アルカナを憶えきれない

「小アルカナを憶えたけれど、それでもこの講座を受ける意味はあるんですか?」


タロット講座上級の話をすると、よくされる質問です。

「タロット講座上級〜小アルカナとタロット解釈を極める編〜」と、いままで私が行っていた「プロ養成タロット講座〜大アルカナ編〜」の違いは・・・

○小アルカナ56枚のすべてのカードの解釈を教える(大アルカナ編では、大アルカナ22枚だけでした)

○タロットの解釈(リーディング)をより深くするための、私のオリジナルの解釈の手法をお伝えします。

○タロットで過去世を視る方法をお伝えします。これを受講した生徒が、イベントで「過去世リーディング」をしたところ、行列ができたそうです。


まず、私は小アルカナをキーワードではなく、カードに描かれている絵のストーリーで憶えていきます。

人の脳は、無機質なキーワードより、ストーリー性のあるキーワードの方が憶えやすいからです。


次に、解釈(リーディング)について説明します。

タロットの解釈は多岐に渡り、本によっては、スプリットの位置関係や、カード自体の属性(地・水・火・風)または占星術と絡めて深く読んだりもします。

そういう深読みが好きな方は、勉強してみるのも良いと思います。

ただ、幸せ師流のタロットでは、タロットの解釈は「ルール(縛り)を極力減らして、できるだけ自由に」することを目指します。

もし、意味を暗記するだけで良いなら、数字や文字だけでも十分です。
オラクルカードのように、カード自体に意味を書いてもいいはずです。
そして、各カードの説明書のようなものを読み上げればいいでしょう。

しかし、そんなタロットカードはあまりありません。

なぜかというと、言葉で限定してしまうと、解釈の幅を限定してしまうからです。

言葉ではなくイラストや象徴的なシンボルを用いることによって、人知を超えたインスピレーション(直観)による解釈が可能となります。

最終的には、ルールに縛られず、自由な発想で解釈したほうがタロットは当たります。

この講座では、そういう自由な発想による解釈法をお伝えします。


人によって習得の違いもあります。

たとえば、人によっては暗記型が向いていたり、暗記は苦手だけどヒラメキが得意だったり・・・

今まで、数多くのスクール生を育ててきたからこそ、その人にあった上達方法でお教えできます。

手前味噌ですが、私の講座は分かりやすさが定評で、その分かりやすさゆえタロットだけでなく、手相などの他の講座も受けたいという方が8割です(もちろん、タロットだけでも大丈夫です)

私自身、暗記が苦手なのに3日でタロットをおぼえたのは、コツがあります。

そのコツをお教えしますので、初心者の方でも短期間で習得できるのです。

受講後も、卒業生同士で集まって勉強会でフォローしています。
2ヶ月に一回、卒業生有志で集まって勉強会をしています
4時間みっちりやって3000円という激安の参加費です
私の個別鑑定は20分3900円なので、これはもう、卒業生だけの特権です。



私のタロット講座上級編は、個人で申し込むと5万円の価格となっています。

ただ、ペア割と言って2名様以上で申し込まれた場合はお一人4万円の特別特価にしています。

でも、なかなか一緒に学んでくれるペアを見つけるのは難しいですよね><

そこで、今回の講座に申し込まれる方は、おひとりさまでもペア割の4万円で受けれます!
※さらに、幸せ師ユーイチのタロット講座「大アルカナ編」を受講した方は3万円!!

各種クレジットもご利用できますので、ピンときた方は、ぜひこの機会にお申し込みください。

もちろん、申し込みでなく、質問、問い合わせだけでもお気軽にどうぞ^^

 

丁寧に指導したいので、毎回4名だけの募集です。

 

今現在、すでに2名の方が希望されているので、残り2名です。

 

ピンときた方、お早めに✩

 



日程:8月3日(金)

時間:10時〜14時(昼食時間1時間を含む)
料金:4万円(幸せ師ユーイチの大アルカナ編を受けた方は3万円)
定員:4名(残りあと2名様)
場所:幸せ師サロン(浜町9−2)

※申込方法:メール siawasesi@ybb.ne.jp
または、095-822-2502までお電話ください☆

質問・疑問等は遠慮なくどうぞ✩
ピンと来た方、ぜひお待ちしております。

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL