幸せの処方箋
 今回のテーマは「過去世(前世)」です。
 はい、怪しいですね(笑)
 だから、信じない人は信じなくて全然OKです☆
 ピンと来た方だけ、ご覧ください^^






 〜今回の見どころ〜

実は最近、レイキ・マインドブロックバスター・トランジットなどを勉強しています。
レイキはサード。マインドブロックバスターは資格を取得しました。
トランジットも、今週資格を取る予定です。

その際、過去世(前世)を見るというワークがあるのです。
そして、実際に過去世を見てみました。

私が見た自分の過去世は

〇ある時代は、囚人を監視する看守でした。
中には、罪のない人もいて「気の毒だなぁ」と思いながらも、何もできずに死んでいきました。

〇ある時代は「教えの経典」をもとめて、さまよう僧でした。
看守の過去世の経験から、人々に救いと自由を与えることを求めたようです。
しかし、道半ばで砂漠にて行き倒れます。
でも、だからこそ今、私は自己啓発や真理の探究などの本を読むのが大好きなのだろうとおもいます。

〇ある時代は、奴隷解放のために戦う指導者でした。
小さな国なのですが、その地域の奴隷解放戦争を指揮していたようです。
おそらく、看守時代の過去世が、自由をもとめる戦いへといざなったのでしょう。
その後、「この地域の領主になってください」と村の人からお願いされるのですが、辞退して隠居します。
丘の上の小さな城で、のんびりとした余生を過ごします。
たまに、私を慕って訪れる客人と一緒に、お茶を飲んで談笑しながら、満ち足りた生活を行っていたようでした。

〇ある時代は、ネイティブアメリカンの部族長だったようです。
この時は、部族の民に教えを説いていました。

以上のような過去世の話をしています。
怪しいですね(笑)

でも「私も過去世(前世)を見てみたい!」という方。
5月くらいから「過去世」をみる鑑定を加えていくので、乞うご期待です☆
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL