幸せ師ユーイチです☆

今回の使える心理学シリーズは「ドア・イン・ザ・フェイス」です。

「ドア・イン・ザ・フェイス」は、先日お話した「フットイン・ザ・ドア」の反対です。

簡単におさらいすると、フットイン・ザ・ドアは「小さな要求を承諾してもらうと、次に大きな要求をしても承諾してもらい約くなる」という心理テクニックでしたね。

「ドア・イン・ザ・フェイス」は、最初にわざと大きな要求をして断られたあとに、小さな要求をすると承諾されやすいという心理テクニックです。

たとえば、いきなり「1万円貸して!」とお願いするより

「今月厳しいんだ。10万円貸して!」

「さすがに10万はちょっと・・・」

「じゃあ、1万でいいから貸してくれないかな?」

「・・・1万ならいいよ」

って感じです。

これは、ビジネスや恋愛でも使える心理学です。

でも、いくら大きい要求からすると言っても、いきなり女性に「ホテル行こう!」なんて言ってはいけません(笑)

大きすぎる要求はいけないのです。

では、どういう要求がいいかというのを動画で詳しく説明しております☆

クリックで、すぐ無料で観れます☆

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL