姓名判断は、名前だけで相手の運勢を知ることができるビジネスでも活用できる占いです。

12月11日にプロが教える姓名判断講座を行います。
ペア割で4万円で姓名判断のすべてを学ぶことができます☆

↓↓詳しくは下記をクリック↓↓

https://www.facebook.com/events/843594802404915/


では、実際にプロの姓名判断でどのようなことが分かるのか、具体例をあげてみていきましょう☆

誰を具体例に挙げるか、すごく悩みましたが・・・やはり地元長崎といえば「福山雅治」さんでしょう。

若干、時事ネタとしては遅れてる気もしますが・・・

福山さんの総格は「37」です。

これは「独立運」と言われていて、事業家や、フリーランスに多い数字です。

福山さんも、事務所に所属してるとは言え、内容は「株式会社 福山雅治」といわんばかりに、歌手に、俳優に、ラジオDJに、写真家に、多方面で活躍していますね。

この数字を持っているということは、将来的に自分で事務所を立ち上げる可能性も?

仕事運は「29」です。

これは「智謀運」と言われていて、才能や芸術にすぐれた方です。

これに関しては、もう言わずもがなの的中ですね。

家庭運は「24」です。

これは「興産運」と言われていて、一代で富を築いたり、一族の名をあげたりする運気です。

ここまでは、ネットの無料鑑定でもみれるかもしれません。

ここからが、プロだけしかしらない姓名判断です。

プロの鑑定では、さらに数字の配置で因縁をみていきます。

福山さんには「偏業の格」が出ています。

この「偏業の格」は、専門職や、職人など、特殊能力を活かす職業に就く方にでる数字です。

ちなみに、私「幸せ師ユーイチ」も「偏業の格」の持ち主です。

この「偏業の格」の持ち主は、基本サラリーマンは向いてないと言われています(はい、私サラリーマン一年で辞めました・・・)

さらに、プロの姓名判断では流年法といって、名前から人生の流れがわかります。

若年=生まれてから32歳まで

中年=32歳〜52歳まで

晩年=52歳〜死ぬまで

と出していきます。

福山さんの若年は総格「27」で「非難運」となっています。

これは、とにかく苦労が多い時です。

仕事運は「17」で「権威運」で若くして名を轟かせる数字を持っているのですが、総格が「非難運」だと、周りからは成功しているように見えても、本人は苦労が多い時だったのだと思います。

家庭運も「20」で「厄災運」ですので、晩婚傾向にあります。

しかし、中年期(32歳〜52歳)は、家庭運が「13」の「人気運」ですので、結婚も家庭もうまくいきます。

この時期に結婚されたのも頷けます。

さて、晩年運(52歳〜死ぬまで)ですが、ここの家庭運が「19」の「障害運」が出ています。

じつは、ほかの数字からみても、福山さんは自分の世界を大切にする人で、孤独を愛する人と出ています。

とくに、その傾向が晩年強まるようです。

そこにさえ注意すれば、今の奥様とも末永く幸せに暮らせると思います。


このように、名前だけでも、その人の才能、運気、そして将来注意することなどすべてをみることができます。

これはネットの無料占いでは無理です。

プロの秘伝を使ってこそ、本当の姓名判断ができます。


12月11日にプロが教える姓名判断講座を行います。
ペア割で4万円で姓名判断のすべてを学ぶことができます☆

↓↓詳しくは下記をクリック↓↓

https://www.facebook.com/events/843594802404915/


 
 
鑑定や講座のご予約・お問い合わせ等は siawasesi@ybb.ne.jp 
(24時間受付OK☆できるだけ即日の返信を心がけておりますが、事情により2・3日かかることもあります)
または 095−822−2502  (幸せ師の部屋)
電話受付時間 朝10時〜19時まで

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL