よく訊かれるのですが

 
「『幸せ師』と『占い師』は違うんですか?」

 私の中では、明確に違います。
 占い師は、「占うこと」が仕事ですよね。
 幸せ師は、「幸せにすること」が仕事です。

 では、その二つが具体的にどう違うのか、話していきたいと思います。
 
 先日
 「おかげで、彼とうまくいきました!」
 と、とびっきりの笑顔で、嬉しい報告をくださったお客様がいらっしゃいました。
 もう、幸せ師として、一番嬉しい瞬間です。
 私も「おめでと〜!」と、満面の笑みで拍手しました。
 では、占いが当たったから、彼女は幸せになれたのか?

 ・・・いいえ、実は占いによると彼女の恋は「厳しい」とでていました。
 確率で言えば「成功率30%」といったところです。
 普通の占い師ならば「この恋は、難しいね」というところだと思います。
 占いを当てようと思えば、その方が確率高いですから。

 でもですね、私は「やっぱり、占いどおり恋は実りませんでした」なんて、そんな占い当てても、嬉しくもなんともないんです。
 確かに、占いは当たるかもしれないけれど、その方は幸せにはなれなかったのですから、幸せ師としては失格なのです。
 ですから、幸せ師の私は、たとえ成功率30%でも、その可能性にかけて後押しします!

 だって、行動しなければ、確率は0%ですもの。

 さらに、必要とあれば成功率を上げる方法を伝授します!(←「幸せメソッド」といって、脳科学的に人間の潜在意識を変える方法を教えています。個別鑑定でも伝授しております)
 そうすると、占いでは厳しいと出ていた恋が、みごと実ってしまうのです!

 ここが、幸せ師と占い師の一番の違いです。
 
 幸せ師は、あなたを「幸せ=成功」へと導きます。
 それが仕事ですから。
 
 もちろん、万全を期してもうまくいかない恋もあるかもしれません。
 それでも、それはあなたにとって必要な運命なのです。
 人間は、みな平等に幸せになる権利があります。
 神様は、皆様を幸せにするためにこの世に送り出したのです。
 その意味を、もう一度考えてみてください。
 きっと、あなたなりの幸せが見つかるはずです☆

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL